So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

Macbook Pro 2016 (1) [ぱしょこん]

すいません。ぶれてます(笑)VAIO Z勝色英字キーボードモデルがあっという間に完売してしまったのでMacに走りました(笑)
TouchBarあり・なしで迷い・・・結局「なし」モデルを選びました。



BTO構成

macOSとWinデュアルブートしたかったのでSSDは1TBにしました。

カラー スペースグレイ
プロセッサー Core i5-6360U, Skylake(2.00GHz)(TDP 15W)
メモリー 16GB
ストレージ 1TB

意外とパワーあった

TMPEGEnc、1分間のある素材のMPEGエンコード時間です。 (同プロファイル。出来る限り同条件で)

Macbook Pro 2016(TouchBarなし) : 7分6秒
VAIO Z 2016(クラムシェルモデル) VJZ311 : 4分40秒

Macbook Pro 2016
VAIO Z 2016


VAIO Z (TDP28W)には至らぬものの、なかなかの高成績。大体Nehalem中期のデスクトップ並みといったところでしょうか。

参考:歴代デスクトップのエンコード時間

初期設定

MacBook Pro 環境構築まとめ

気が向いたら続く(笑)

VAIO Z VJZ13** のSSDを換装する -その2- [う゛ぁいお]

VAIO Z VJZ13**のSSD換装、その2。

今回はM.2 SSDの安価版を使って換装してみます。
機体はVJZ13A1、最初に買ったVAIO社製VAIO Zです。

Crucial MX300 CT525MX300SSD4
これ、切り欠き(ノッチ)が2箇所あって合わないんじゃね? とお思いでしょう。

合うんです!

このタイプB+M KeyはVAIOのM Keyソケットでも使えます。ただしB Keyの制約を受けるので、PCIeのレーン数が2レーンになります。(M Keyは4レーン)

1レーン2.5Gb/sなので大体SATA3とほぼ同等の転送速度と考えていいでしょう。

今回は速さを求めない。価格です。2017年1月現在で525GBの実売価格が1万6千円!

開腹しましょう

ガバッ
1回覚えてしまえば、簡単なものです。蓋開けからネジ締めまで30分程度で終わります。
ちょろいもんですわ(笑)

そして、パイルダーオーーン
で、換装後のベンチがこれ。
ちょw遅いじゃねぇかww ってお思いでしょう。

違います。

理論値通りで期待値通りです。M.2 AHCI での標準的な数値ですよ。デスクトップのSATAに接続したSSDと同等です。体感速度もまあまあ。意外とランダムの数値がいい。
全体としてわるくない(*゚∀゚*)ただ連続転送のパフォーマンスが要求される場面、イメージバックアップだとか大きいファイルの転送とかは前回の純正系に比べ遅さを感じました。てへ (ゝω・)

どうせならメモリをわんさか増やそうよ(*゚∀゚)=3ハァハァ

このVJZ13A1。BTO構成メモリが8GBと貧弱です。メモリは購入後に換装できません。
すまねぇこの時は資金が無かったんだ(*^.^*)エヘッ・・・そこで増量したストレージの力を借りて仮想メモリを増やしてみます。 

この際パフォーマンスは気にしない(笑)
見た目増やせればいいんだよww

システムのプロパティを開き、仮想メモリのサイズを弄ります。
すんごく増えたー(←無理感w)
以上、VAIO Z VJZ13** のSSDを換装する -その2- でした。


前の2件 | -
水陸両用カニさん TOPへ
SDガンダム作ろう会
白吉「水陸両用カニさんの隠れ家」「SDガンダム作ろう会」を応援しています。


白吉「ソニーショップくんこく」を応援しています。