So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

MacBook Pro 2016 (2) [ぱしょこん]

マルチブートOS構築編


Step1:ディスクユーティリティでmacOSのパーティションを削る

⌘ command + space でSpotlight起動 -> 'disk' と打鍵
まあ削るだけです。

画像はBoot CampでWinパーティションを生成した後のものなのでbootcampと出ていますが、実際削る前は削り出される側のパーティションには名称がないはず。

Step2:Linux 、Windows のインストール

USBドライブ起動で普通にインストール
ごく風通なのでここは省略

Step3:SIPの無効化

SIPとはSELinuxのようなもので、root権限であってもシステムディレクトリが変更出来ない仕組みのこと。一応解除は自己責任で。

⌘ command + R で、リカバリモードで起動
ターミナルを起動し以下を実行

csrutil disable
reboot

Step4:rEFIndのインストール

rEFIndとはrEFItの後継。起動OS選択用のソフトです。
ターミナルから解凍パスに移動し以下実行。

./refind-install

MacBookPro 2016では残念ながら、Linuxがインストール出来ない(3/29現在)。

ちなみにこれはMacBookPro Late 2014 版に追加でOpenSUSE、LinuxMint、Fedoraをインストールしたもの。選択肢が多いと楽しい(笑)

OSをインストールするごとにrEFIndが無効化されるので、⌥ optionキー起動でmacOSを起動。rEFIndを再インストールする。

参考

Mac OS X El CapiptanでSIPを無効化する
http://qiita.com/zaburo/items/c650cda45c858fe856a9
El capitanにrEFIndを導入するとき (Sierraでも同じ。)
http://qiita.com/yuki_bg/items/61ecf0b8a2d84823c365


MacBook Pro 2016 (1) [ぱしょこん]

すいません。ぶれてます(笑)VAIO Z勝色英字キーボードモデルがあっという間に完売してしまったのでMacに走りました(笑)
TouchBarあり・なしで迷い・・・結局「なし」モデルを選びました。


BTO構成

macOSとWinデュアルブートしたかったのでSSDは1TBにしました。

カラー スペースグレイ
プロセッサー Core i5-6360U, Skylake(2.00GHz)(TDP 15W)
メモリー 16GB
ストレージ 1TB

意外とパワーあった

TMPEGEnc、1分間のある素材のMPEGエンコード時間です。 (同プロファイル。出来る限り同条件で)

Macbook Pro 2016(TouchBarなし) : 7分6秒
VAIO Z 2016(クラムシェルモデル) VJZ311 : 4分40秒

Macbook Pro 2016
VAIO Z 2016


VAIO Z (TDP28W)には至らぬものの、なかなかの高成績。大体Nehalem中期のデスクトップ並みといったところでしょうか。

参考:歴代デスクトップのエンコード時間

初期設定

MacBook Pro 環境構築まとめ

気が向いたら続く(笑)

前の2件 | -
水陸両用カニさん TOPへ
SDガンダム作ろう会
白吉「水陸両用カニさんの隠れ家」「SDガンダム作ろう会」を応援しています。


白吉「ソニーショップくんこく」を応援しています。