So-net無料ブログ作成
検索選択

Thermaltake Core P3 Snow Edition [ぱしょこん]

Thermaltakeの開放型ケースです。

ケース本体が日本円で約1万6千円。別売の水冷ポンプが約6万円です。ポンプはちょっと躊躇しますね(;´Д`)で、今回はケースのみ購入しました。

完成形はこんな感じ。
Thermaltake Core P3 Snow Edition から引用

箱は一般のケースに比べ、コンパクトです。重さ約10kg。

開くと、ぶ厚いアクリル板が出てきます。
発泡スチロールに部品類が詰まっています。
脚から組みます。
大地に立つとこんな感じ。フロントスイッチ、パワーLED、フロントUSBもちゃんとついてます。
一見スタイリッシュなパネルヒーター。
残部品で取りあえず動かしてみました。
開放型なので、部品の取り付けや配線の取り回しが非常に楽です。

電源は専用の取り付け金具で固定します。
配線は裏で取り廻せます。
フロントI/Fは裏カバーを外すと出てきます。
塗装がぶ厚く、一部のねじが堅かったです。
HDDベイは裏に2基、正面に3基あります。
筐体に幅はないので、振動には弱いです。持って揺さぶるとかなり揺れ撓みます。

運用面では常に誇りや水等の異物混入のリスクが付きまといます。正面はアクリル板がつくものの、上部は野ざらしですから(笑)


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 10

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
kontenten

オープンスタイル・・・カッコイイですね(^^)
埃やゴミは入り易くても出易いので良いですが・・・
シールドされていないのでノイズが気になりますね^^;Aアセアセ
by kontenten (2016-10-10 07:49) 

白吉

kontenten さん、仰る通りで埃は気になりますね。現在いろいろ弄り中、即ち設置場所が目の届く場所なので、予想したほど埃は付いていません。本格運用すとそうはいかないかも・・・なんといっても上に蓋がないのは痛いかもです
by 白吉 (2017-01-03 06:48) 

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
水陸両用カニさん TOPへ
SDガンダム作ろう会
白吉「水陸両用カニさんの隠れ家」「SDガンダム作ろう会」を応援しています。


白吉「ソニーショップくんこく」を応援しています。