So-net無料ブログ作成
検索選択

(ファイル)Explorerシェルが遅いとき改善するかもしれない対処法 [ぱしょこん]

今年もよろしくお願いします。

Windows 10のエクスプローラはハードによらず重い傾向にあります。対処法としてよくあるのが「Windows Searchサービスを無効にする」です。しかしこれを無効にするとファイル検索やOfficeアプリなどに影響します。ろいろ試した結果。効果のあった方法を紹介します。なぜ改善できるのか?説明できないので実行は自己責任でお願いします。理解を超える質問にはお答えできません。根拠のない迷信程度に捉えてください(笑)

DISMでWindowsイメージの修復を実行

DISM (Deployment Image Servicing and Management)コマンドを次の順で実行します。
Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth

DISM (展開イメージのサービスと管理) の概要 (MSDN)

健康なPCなら何も起こらないはず。実際メッセージは「正常終了。」「コンポーネントストアが壊れていることは検出されませんでした。」「復元操作は正常に完了しました。」が返却されます。

ですが結果、複数のPCでエクスプローラのレスポンスが改善されました。ファイルを開くなどCOMを経由してアプリから呼ばれるエクスプローラも速くなりました。理由は説明できません。

前後の信頼性モニターです。特に症状がひどいPCでエクスプローラのクラッシュ多発が止まりました。
おまけ (デスクトップに「信頼性モニター」のショートカットを作るPowerShellコード)
gist
信頼性モニターのショートカットをデスクトップに生成させるコードです。
powershellに貼り付ければ実行できます。

#StartReliabilityMonitor
$AppLocation = "C:\Windows\System32\perfmon.exe"
$WshShell = New-Object -ComObject WScript.Shell
$Shortcut = $WshShell.CreateShortcut("$Home\Desktop\StartReliabilityMonitor.lnk")
$Shortcut.TargetPath = $AppLocation
$Shortcut.Arguments ="/rel"
$Shortcut.IconLocation = "C:\Windows\System32\perfmon.exe"
$Shortcut.Description ="StartReliabilityMonitor"
$Shortcut.WorkingDirectory ="C:\Windows\System32"
$Shortcut.Save()

以上
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
水陸両用カニさん TOPへ
SDガンダム作ろう会
白吉「水陸両用カニさんの隠れ家」「SDガンダム作ろう会」を応援しています。


白吉「ソニーショップくんこく」を応援しています。