So-net無料ブログ作成
ぱしょこん ブログトップ
前の10件 | -

余剰パーツで作る宅内Hyper-Vサーバ [ぱしょこん]

以前紹介したオープン型ケースを使います。

構成

CPU Intel Xeon E3 1220 v3
Mother Intel DZ87KLT-75K
Memory (DDR3 PC10660 CL9 4GB )*4 =16GB ELPIDA
SSD1 ADATA SP900S3-128GBM-C System
SSD2 SanDisk SSD UltraII 480GB
SSD3 SanDisk SSD UltraII 480GB
HDD MD04ACA600 ,6TB SATA600 7200
GPU ELSA EQK420-2GER (nVIDIA Quadro K420)
PSU RM650x (CP9020091JP)
Cooler(CPU) BXTS13X
Chassis Thermaltake Core P3 Snow Edition

以上
nice!(13)  コメント(2) 

ECS LIVA Z WIndows 10 Homeインストールモデル レビュー [ぱしょこん]

ECSの低価格小型NUC風PC LIVA Z
実売2万7千円程度です(2017年12月現在)
WIn10 Homeインストール済み。キーアップグレードでProに転生できます。

箱が高級イヤホン並に大仰です。緩衝材がないため・・だからでしょうか。
付属品類。VESAマウント用金具(モニタアームの部分に取り付ける場合)、ACアダプタ、ドライバCD、取扱説明書
パワーON
前面の電源LEDはなかなかイカしています。筐体はおもいっきりプラなのでチープ感全開。そして天板のデザインが成形が円上の波形・・ってなにれ?
どうせなら横波にして色を紫にしてしまったら・・・なんて
ファンレス。サイトに自然空冷用スリットがあります。
フロントはUSB3.0×3、USBType-C×1、ヘッドフォン端子
リアはDP×1、HDMI×1、Ethernet×2
CPU-Z
インテル[レジスタードトレードマーク] Pentium[レジスタードトレードマーク] プロセッサー N4200(Apollo Lake)
Apollo LakeってのはかつてATOMと呼ばれた低消費電力系CPUの後継です。これが意外と動く。そして熱くない(笑)アイドル時、筐体を触っても人肌よりやや低い感じの温度。なんせTDP=6Wですからね。あのATOMとは全く別物の印象です。VT-x対応。
CPUは非力なので、ちょっと仕事をさせるとすぐかつんかつんです。
(CPU-Zを開いたとき)
ストレージのパフォーマンスはHDDほどではないけど適度に遅い。M.2スロットは増設していません。
ディスク空き容量
Win初期設定後すぐ大型アップデートが入ったので、アップデートの残骸を処理。
まあまあ開いてます。ちっさなLinuxならデュアルブートいけちゃうかも。
Bluetooth、WLAN標準装備です。
ベンチの結果
数値的はかなり遅いと出ています。実際動かしてかつてのATOMより速いこともあってあまりストレスは感じませんでした。

ところでこれで何をするの

メインのデスクトップとしてはちょっと厳しい。しかし用途を特定すれば使い道はいろいろあります。家族に共通の情報端末。Weサイト閲覧、動画再生専用機。外付けHDDを付けてサーバ的な役割もできる。金属シャーシにすれば商用でも需要がありそう。

参考


nice!(14)  コメント(4) 

NetDrive 3 [ぱしょこん]

3でMacに対応しました。

NetDrive 3はサブスクリプション方式です。
NetDrive 2を既に購入インストールしている機器は2017年10月現時点で使用可能です。そのうち使用できなくなるかもしれません。

NetDrive2に比べ認証に時間が掛かります。

トップに接続先一覧に名前が出るので、CONNECTを選択しドライブをマウントします。

参考

NetDrive
http://www.netdrive.net/
nice!(14)  コメント(0) 

Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO [ぱしょこん]

Logicool トラックボール MX ERGO
トラックボールはM570tからの乗り換えです。

開封

付属品はUSB-Bluetoothアダプタ、バッテリー交換説明の印刷物とケーブルのみです。

外観

中央にペアリング選択兼ペアリングボタンとペアリング選択1、2の表示LED。給電はボタンの下部分にMicroUSBを挿します。※残念ながらUSBType-Cではありません。
充電しながら使えます。
M570tと並べるとこんな感じ。MX ERGOのほうがやや大きく重い。手の大きさは大きめなので男性をターゲットとしているのかも。

左主ボタン、右副ボタンの成形が分かれていて非常に見栄えがよいです。
クリック感がしっかりあります。押し心地も非常によい。
押し心地と質感は、M570tよりもだんぜんMX ERGOが上回っている。

 
MX ERGOの特徴である傾斜角調整機能。
これは凄く良いです。傾斜させたほうが手に負担が掛かりません。

セットアップ

ペアリング
Bluetooth内蔵PCならペアリングボタンのみで簡単に接続ができます。
Macの場合
Winの場合

Logitech Options
MX ERGOのサポートサイトからLogitech Optionsをダウンロード。
Optionボタンの設定
ポインタ強度の調整

実際動かしてみてどうよ

VAIO Z Canvasと接続し、クリスタの描き心地を確認しました。

Z Canvas付属のペンとトラックボールとでは、そもそもツールとしての動作が異なりすぎなので比較対象は、type R master付属のマウスVGP-UMS55とします。
ポインタの精度
天道花憐の「メインヒロインとか調子乗ってすみませんでした〜(泣)」を描いてみた。
VGP-UMS55ポインタの精度はすごくに高かったんだけど、これに匹敵するくらい精度がいい。マウスと比べ、操作感が違うので慣れは必要だが慣れればかなりの精度が期待でます。できるだけ親指を浮かさないようにボールを動かせば疲れません。

以上。MX ERGOでした。

関連


nice!(14)  コメント(0) 

MacBook Pro 2017 (1) [ぱしょこん]

MacBook Pro 2017TouchBarありモデルです。

BTO構成

CPU 第7世代の3.1GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.5GHz) Core i5-7267U @ 3.1 GHz
メモリー 16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
ストレージ 1TB SSDストレージ
カラー シルバー
キーボード バックライトキーボード - 英語(US)

MacBook Pro 2016 TouchBarなしモデルとの比較

左が2016TouchBarなし、右が2017TouchBarありモデル
放熱設計
TDP=25WすなわちTouchBarありモデルは、しっかりとした放熱設計がなされています。底面の側面端から吸入しヒンジのあたりから排出します。(というかこの空気フローは2015モデル以前からある。)
TouchBarありモデルの空気フロー

TouchBarありモデルの空気取込口
TDP=15W, TouchBarなしモデルは、底面側面のスリットがそもそもが無い。
2016TouchBarなしモデルのキートップと筐体隙間
で、どこから吸入しているかというと、TouchBarなしモデルの場合、キートップと筐体の隙間が25W系よりも広く設計されています。つまりその隙間かから吸入しヒンジ部分から排出しているのです。実際使っていると15W, TouchBarなしモデルはキーの隙間にほこりが付き目立ちます。CPU温度が60℃以上になることもしばしば。キーボード面も結構熱くなるので15W, TouchBarなしモデルは放熱設計にちょっと無理があるかもですね。

動画エンコ

1分のFHD素材、同プロファイルで
MacBook Pro 2016 TouchBarなしモデル 7分6秒
MacBook Pro 2017 TouchBarありモデル 4分35秒
Core i7 2700K BOX 4分49秒 Sandy Bridgeデスクトップ(参考)

Sandy Bridgeデスクトップ相当です。BroadwellのVAIO Zとほぼ同じでした。
以上

nice!(12)  コメント(0) 

PLUGABLE USB-C 電圧・電流チェッカー [ぱしょこん]

USB Type-C(USB-C)の電圧・電流チェッカー


Type-A to C入力→出力側解放 (5V)


Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery→MacBookPro (15V)


Apple 純正 61W USB-C電源アダプタ→MacBookPro (20.2V)


関連

PLUGABLE USB-C
Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery
Apple 61W USB-C電源アダプタ

PA-WG1900HP -我が家の無線LAN環境改善作戦- [ぱしょこん]

ここ1年位で我が家には無関係な電波が多く飛び交うようになりました。ご近所さんのWi-Fi設備が充実してきたようです。
その影響で無線APへの接続が端末によらず、よく切断する現象が増えていました。
inSSIDer
関係ないけど。ご近所さん、WEPキーで飛ばすのは危険ですよ。
15波です。2波を除いては、ウチとは無関係なAPです。数年前までは外来波は3、4波位だったと記憶しています。しかもご近所さん発の電界強度が強い。

「ミノフスキー粒子の濃度が濃くなっているようだ・・・」
いや、ミノフスキー粒子じゃないと思います(笑)

無線LAN環境改善作戦

1.PA-WG1900HPの導入
新規でミッドレンジの無線LANルータを導入します。
中央ルータ兼APとしてでなく単純なAPとして使います。

外観
設定UIはWG1800HP時代より進化しました。

従来の無線AP配置

中央にWG1800HPを配置していました。
電波状態を改善しようと考えた場合、一番使用度が高い場所がリビングなのでリビングにAPを設置するという方法があります。しかしリビングに中央APを設置すると、反対側のパンダや子供の部屋に電波が届きにくい状態となります。この無線LAN環境で一番恩恵を受けているのがバスルームの釣り人とルーム3のシマウマです。しかしシマウマは殆どWi-Fiを使ってないし、釣り人はまずネット接続はしません・・・。

中央集中型からAP分散型に

各部屋均等な接続環境を構築するには・・・?

規模の小さいAPを分散して置けばいいのです。
ゲートウェイ向けルータには、従来の無線ルータを有線のルータに交換。WG1800HPを北側に移動。反対側に電波が届く必要がないので電力を25%まで下げました。
WG1900HPをリビングに設置します。電力はとりあえず100%で設定。最終的には50%程度にする予定です。

WG1900HP設置後の電界強度。
IEEE 802.11aは完全勝利です。gは互角?まgは殆ど使わないからいいです(笑)
圧倒的じゃないか、我が軍は(笑)

設置2日程度試用していますが、接続が切れるという現象は皆無となりました。

参考

PA-WG1900HP
http://121ware.com/product/atermstation/product/warpstar/wg1900hp/
AtermWG1800HP(製造中止品)
https://121ware.com/product/atermstation/product/warpstar/wg1800hp/

MacBook Pro 2016 (2) [ぱしょこん]

マルチブートOS構築編


Step1:ディスクユーティリティでmacOSのパーティションを削る

⌘ command + space でSpotlight起動 -> 'disk' と打鍵
まあ削るだけです。

画像はBoot CampでWinパーティションを生成した後のものなのでbootcampと出ていますが、実際削る前は削り出される側のパーティションには名称がないはず。

Step2:Linux 、Windows のインストール

USBドライブ起動で普通にインストール
ごく風通なのでここは省略

Step3:SIPの無効化

SIPとはSELinuxのようなもので、root権限であってもシステムディレクトリが変更出来ない仕組みのこと。一応解除は自己責任で。

⌘ command + R で、リカバリモードで起動
ターミナルを起動し以下を実行

csrutil disable
reboot

Step4:rEFIndのインストール

rEFIndとはrEFItの後継。起動OS選択用のソフトです。
ターミナルから解凍パスに移動し以下実行。

./refind-install

MacBookPro 2016では残念ながら、Linuxがインストール出来ない(3/29現在)。

ちなみにこれはMacBookPro Late 2014 版に追加でOpenSUSE、LinuxMint、Fedoraをインストールしたもの。選択肢が多いと楽しい(笑)

OSをインストールするごとにrEFIndが無効化されるので、⌥ optionキー起動でmacOSを起動。rEFIndを再インストールする。

参考

Mac OS X El CapiptanでSIPを無効化する
http://qiita.com/zaburo/items/c650cda45c858fe856a9
El capitanにrEFIndを導入するとき (Sierraでも同じ。)
http://qiita.com/yuki_bg/items/61ecf0b8a2d84823c365


MacBook Pro 2016 (1) [ぱしょこん]

すいません。ぶれてます(笑)VAIO Z勝色英字キーボードモデルがあっという間に完売してしまったのでMacに走りました(笑)
TouchBarあり・なしで迷い・・・結局「なし」モデルを選びました。


BTO構成

macOSとWinデュアルブートしたかったのでSSDは1TBにしました。

カラー スペースグレイ
プロセッサー Core i5-6360U, Skylake(2.00GHz)(TDP 15W)
メモリー 16GB
ストレージ 1TB

意外とパワーあった

TMPEGEnc、1分間のある素材のMPEGエンコード時間です。 (同プロファイル。出来る限り同条件で)

Macbook Pro 2016(TouchBarなし) : 7分6秒
VAIO Z 2016(クラムシェルモデル) VJZ311 : 4分40秒

Macbook Pro 2016
VAIO Z 2016


VAIO Z (TDP28W)には至らぬものの、なかなかの高成績。大体Nehalem中期のデスクトップ並みといったところでしょうか。

参考:歴代デスクトップのエンコード時間

初期設定

MacBook Pro 環境構築まとめ

気が向いたら続く(笑)

【メモ】Amazon Drive をネットワークドライブにマウント [ぱしょこん]

Setp1: Amazon Drive Unlimitedストレージを契約

Amazonの容量無制限のストレージ

Setp2: NetDriveのインストールと設定

AmazonDriveから提供される専用アプリは、エクスプローラに統合またはDAVのような接続ができない。そこでNetDriveを使うことになる。
ダウンロード
NetDrive - The Network Drive for Windows
ACDDokanNetというものも試したがうまくいかなかった。
インストール
ここはウィザード通りで。
ライセンスの購入
使用期間が過ぎるとマウントが無効になるので、ライセンスを購入する。

ここから申し込む。決済が完了し2通目のメールにキーが記載されるので、それをNetDriveの所定の位置にコピペ。


設定
NetDriveはDropbox、GoogleDrive、BOXやOneDriveなどにも対応している。ネットワークドライブ接続型なのでDropbox利用でもローカルで容量を食わせたくない場合は有効だ。BOXはWebDAVが公開されているが、Windowsのログオンオフ毎に接続が切れてしまう。BOX利用者もWebDAV経由のBOX接続よりも、NetDriveのほうが安定した接続ができる。

マウントしたいサービスの接続ボタンを押し、あとは必要な情報を入力。
エクスプローラで確認

補足

NetDriveを使うとAmazonDrive専用アプリよりも1ファイルのアップロード・ダウンロード容量がある一定以上でうまくいかないようだ。実質制限される。具体的な数値は未確認。NetDriveのキャッシュがそのまま反映されているもよう。NetDriveの設定でキャッシュを調整すればなんとかなるかも・・・


以上
前の10件 | - ぱしょこん ブログトップ
水陸両用カニさん TOPへ
SDガンダム作ろう会
白吉「水陸両用カニさんの隠れ家」「SDガンダム作ろう会」を応援しています。


白吉「ソニーショップくんこく」を応援しています。